老化予防対策ガイド

老化予防対策ガイド♪では歯の老化現象の特徴と原因、歯の老化を防ぐための予防対策方法について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆歯の老化現象の特徴と原因の解説(もくじ)

◆歯の老化の特徴・入れ歯はいつか必要になる?

★自分の歯で一生食事をする事は可能?

 歯の老化と聞いてまず思い浮かべる姿はいったいどんな姿でしょうか?

 虫歯があちこちにあり銀歯もちらほらとある姿?それとも入れ歯を取り付けているおじいちゃんの姿でしょうか?

 現在はインプラント等の歯科技術レベルの向上に伴い、銀歯や入れ歯などを利用する高齢者が減少してきてはおりますが、一昔前のおじいちゃんやおばあちゃんと言えば、部分入れ歯や総入れ歯、そして差し歯等をしている方が本当にたくさんいました。

 このような老人特有の特徴から歯の本数は加齢とともに減少し、最終的に歯は一本もなくなってしまうと何となくイメージしている方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、現実的に歯はしっかりとしたケアを行いながら口腔内の衛生環境を保持していく事で一生自分の歯で暮らす事が可能です。

◆歯の老化原因・歯周病と虫歯について

 歯の老化をもたらす最大の原因は一体何なのでしょうか?

 この歯を失う最大の原因として挙げられている要素が歯周病と虫歯の2つです。

 中でも歯周病は日本人が歯を失う原因の1位とされており、中高年の方のおよそ8割以上は既に歯周病を発症していると考えられております。

◆歯の老化を食い止める対策・改善法

 歯の老化を防止する為には、毎日の歯磨き・歯周病予防を実践し歯磨き習慣の改善から取り組むしか方法はありません。

 口腔内に潜む細菌は実に500種類以上と言われておりますが、これらの細菌が湿り気があり繁殖しやすい口腔内で増加し歯周病をもたらしている為、自分の歯を持ち続ける為には、口腔内のケアを徹底するしか方法はありません。

 特に歯の表面に付着するプラークと呼ばれる塊は細菌の温床ともなっており、プラーク内では細菌の繁殖が急速に進むためプラークが既に形成されている場合は完全に組織を分解しなければいけません。

 また歯周病などの原因である口腔内の細菌は悪臭の原因でもあり、口臭が与える相手への影響を含めて歯の徹底した自己管理が重要となります。