老化予防対策ガイド

老化予防対策ガイド♪では思春期を過ぎた20代以降の男性の薄毛症状の特徴、厚生労働大臣による製造販売承認を受けた医薬品・AGA治療について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆思春期男性の薄毛症状・AGA治療の解説(もくじ)

◆思春期を過ぎた20代以降の男性の薄毛症状が注目を集める

★AGAって何だろう?

 成人男性、特に思春期を過ぎた20代以降の男性の薄毛症状(AGA)が近年大きな注目を集めるようになってきおります。

 このAGAとは(Androgenetic Alopecia)の略称で、男性型脱毛症のことを指しております。

 以前はAGAと言えば、40代以降に徐々に進行するものと思われていましたが、近年では特に若い世代の成人男性の発症率が高くなってきている点も大きな特徴です。

 尚、このAGAに関しては髪の毛の老化による「薄毛症状」の発症が直接の原因ではありません。

 男性型脱毛症を発症する原因は毛包の成長不全が原因であり、毛包の発育が不十分であるために強く太い本来の髪の毛を育てることができずに髪の毛のライフサイクルにある毛包細胞が細胞分裂を活発に行う成長期の段階で髪が徐々に抜け落ちていってしまうことが根底の原因にあります。

 その為、AGAの治療では毛包の成長を阻害する「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を阻害する効果が確認されている「フィナステリド・ミノキシジル」「塩化カルプロニウム」などの医薬品を使用して治療を行なっていくことになります。

◆AGA治療に使用される主な医薬品の一覧

【AGA治療に使用される主な医薬品の一覧】
☆フィナステリド⇒プロペシア(万有製薬)
☆ミノキシジル⇒リアップ(大正製薬)
☆塩化カルプロニウム⇒(ガッシュ)

 AGA治療では2005年に発売が開始された初めての飲むタイプの治療薬であるプロペシアが有名ですね。

 またCMでお馴染みのリアップも厚生労働大臣による製造販売承認を受けた医薬品として有名です。