老化予防対策ガイド

老化予防対策ガイド♪では細胞分裂の回数を定めるテロメア遺伝子の短縮メカニズム。寿命検査の測定方法について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆細胞分裂の回数に関わる染色体遺伝子テロメアの役割

 老化の原因物質として大きく人体に関わっているものに「テロメア」と呼ばれる組織があります。このテロメアとは、人体内の細胞が細胞分裂を行う際に細胞の情報を伝達する染色体の一部です。テロメアの構造はDNA染色体の両端部分に位置しており細胞分裂が可能となる回数…(続きを読む)

◆寿命検査の実現?テロメア遺伝子の短縮メカニズムを応用した寿命の測定検査

 テロメアの測定検査を行うことで個人の寿命を推測する「寿命検査」が近年話題を集めるようになってきました。と言っても、これはまだ日本では実施されておらず、海外の話で最も最初に導入したのはスペイン。これはあくまで推定寿命…(続きを読む)

◆短縮するテロメア染色体を増殖するテロメラーゼとは?

 テロメアは細胞分裂を行うことが可能となる回数に大きく影響を与えていること。そしてこのテロメアの短縮過程を測定することで推定寿命の目安を確認できる可能性があることはここまでに解説してきたとおりです。細胞分裂を繰り返す度に染色体の両端にあるテロメアは短くなり一定の長さになると分裂不能となり老化細胞…(続きを読む)